FC2ブログ
日々感じた事を綴っていきます。
--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/12/16(金)01:20
100℃でヒーターを制御するシステム(と言うほど難しくはないけど)を

現在作っている。


温度コントローラーとSSRとKタイプの熱電対を用いてヒーターの温度制御を

しようとしているのだが、ヒーターの接点が何らかのトラブルで常時ONになった場合、

高温になりすぎるのを防止する策として保護回路を検討しているのだけれど、

手法がありすぎてどうにも分からなくて困っています。


ヒーターに直列でバイメタルorサーモスタッドを接続し、異常温度になったら

接点が切れる仕組みがいいのか、

温度コントローラーの温度警報の出力にリレーを接続して切れる仕組みがいいのか。

または、温度ヒューズを用いて異常温度になった場合、復帰しない仕組みにする

のがいいのか。


どのようにすればいいか悩み中です。

アドバイスを下さい。


追記:これらの部品がアッセンブリーになったキットが売っていれば嬉しいのだが。

メーカーさん頑張って開発して下さい。
スポンサーサイト
 | 製造業~若手社員の奮闘記~TOPへ | 
Copyright © 製造業~若手社員の奮闘記~ All Rights Reserved.

Designed by DAIGO / Material by 素材くん「無料WEB素材屋」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。